2013年09月06日

ワタシの報告【シッポ】(´-ω-`)




フランダース動物病院 病院 院長(呼称:パトラッシュ先生)曰く、


皮膚科だけでなく 『 発毛も 』 得意としているそうです。

DSCF3053.jpg



初診の7月6日に2週間分の内服薬 ・ 薬用シャンプーをもらい、


その間に何事も無ければ、


追加でその後2週分の内服薬を郵送してもらえました(o・ω・o)



なので、診察は4週に一度。


8月4日(日) 2回目となるの診察日だったのですが・・・


DSCF3067.jpg


やっぱり蛸家がもれなく付いてきたあせあせ(飛び散る汗)


DSCF3070.jpg
(  スタイリング&カフェ バルビー


蛸家のことはどーでもよくて、


DSCF3098.jpg



ワタシのシッポの話ですexclamation



2011.9.3.JPG



フツウに毛のあるシッポでした。


最初の異変に気付いたのは昨年の夏です(。>ω<。)


2012.8.jpg
( 肛門の周囲に毛がなくなってきたのは更に過去に遡ります。)



当時通っていた病院では、


スタンプ・スクラッチ・培養検査・・・色々したのですが、


結果 【 尾腺炎 】 と診断されました。



6.28.jpg



電解水を処方され、それでマメに拭いていたのですが一向に良くなる気配はなく、


皮膚科で評判の良い病院に替えても症状は改善されませんでした。


それが昨年から今年にかけての冬頃に自然に少しずつ生えてきたんです(*・ω・)


このまま元に戻って欲しい・・・と思ってました。



7.3.jpg



けれど、6月頃から徐々にまたなくなっていったのです。



8.13.jpg



普段は痒みを伴わないのですが、


とてもカユイ時があって、


そんな時は 絨毯にオシリを擦り付け回転します ( ̄ω ̄;)



8.17.jpg



擦ると赤い湿疹が出てきます。


擦らなければこの湿疹と赤みはスグに引いてくれます。


8.29.jpg



フランダース動物病院の初診時に鼻のシワとシッポをスクラッチ検査し、


膿皮症 ・ マラセチア皮膚炎 ・ アレルギー性皮膚炎と診断されました。



2回目の検査結果は、


鼻のシワだけマラセチア菌が残っており 【+1.5】、他は全て【0】になっていました。


DSCF3057.jpg



けれど、毛はまだ生えそうにありません。


今後どうなっていくのか・・・先は長そうです (-ω-;)



DSCF3064.jpg



また変化があれば報告させてもらいます(*´・ω・`)ノ




りんだ のコピー.jpg
カテゴリー【メンテナンス】は、コメント欄を閉じさせてもらってます。






ニックネーム りんだママ at 00:02 | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

ワタシの報告【イボ】(´・ω・`)




こんにちゎ。 りんだデス(●´ω`●)ノ

DSCF2183.jpg


6月20日に発見した左のコメカミに出来た黒いイボのその後・・・


6.20.jpg


結局、検査をしないまま現在に至っております。


DSCF1201.jpg



6月30日に魔法のオイルをごえひめさんから頂いて、


oiru.png
( アイラ工房 メディカルA )



ヌリヌリすること約2ヶ月


その変化を見てください。


DSCF1821.jpg
上
使い始めてから約2週間、


なんとな〜く薄くなったような気がする。



魔法のオイルと同じ系統のアロマもリビングに置いて相乗効果を期待しましたひらめき


アロマ.jpg



撮影する環境、角度等が違うのですが


DSCF2175.jpg



やっぱり色が薄くなってきてるのが分かります。


そして当初わずかに膨らみがあったイボでしたがペチャンコになりました。


DSCF2667.jpg



ワンコは体毛で被われているので紫外線は皮膚まで届きにくいのでしょうが、


ワタシの場合は薄毛で、皮膚も決して強いとは言えない・・・


DSCF2662.jpg



外出時に服を着ている部分は陽にさらされないけど顔は露出したまま。


もしかすると紫外線によるシミの類なのかも?と思いました。



DSCF2188.jpg


7月から通い出したフランダース動物病院ではシッポを診てもらっているのですが、


初診時にイボも見てもらいました。


パトラッシュ先生は気にも留める様子はなく、


大きくなる可能性があるので余り触らないようにと言われただけ・・・



DSCF3051.jpg



2回目の受診時に何が原因で出来る可能性があるのか聞いてみると、


一概には言えないそうです。 詳しい検査もしてないしね・・・


けど、見た感じ心配なさそうということだったので安心しています。



8.13.jpg



このまま魔法のオイルを続ければ消えてなくなりそう〜♪



DSCF3939.jpg



魔法のオイルの信者となったワタシは、


この系統のシャンプーもごえひめさん経由で入手し、使い始めています♪


DSCF4005.jpg


信じる者は救われる〜(ΘωΘ)ノ




シッポの件は また後日ひらめき
りんだ のコピー.jpg
※ ティートゥリーオイルは皮膚疾患の治療を促進し、
外部寄生虫をコントロールする効果があるそうですが、

 アロマ(精油)は猫にとっては危険な物なので取扱いには注意が必要です。







ニックネーム りんだママ at 00:00 | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

【魔法のオイル】



ワタシのイボのことでご心配をお掛けして申し訳ありません。


こんな時って、どうしても悪い方へと考えてしまう性格なのです(´-ω-`)

DSCF1068.jpg


今回の件では、黒いイボということで メラノーマ(黒色腫)が頭を過ぎりました。


メラノーマになりやすい犬種の中には、パグも含まれています。




犬のメラノーマ(黒色腫)


犬の皮膚にある色素を作る細胞(メラニン)がガン化して起きる病気。


名の通り、黒っぽい色もあれば、色が薄い場合もある。


犬の黒色腫は、口腔内・指に出来ることが多く、悪性の可能性が非常に高い。


そして、進行が早いためリンパ節や肺などに転移している可能性がある。


反対に皮膚に出来ることは少ないが黒い犬や老犬に見られる。


メスよりもオスの方が発症率が高く ・ 高齢の方が発症しやすい。




ネットで検索していると、上記のようなことが書かれています。


ワタシはまだ3歳だし、イボは何の変化もないから大丈夫!


と、思いつつも悪い方へ・・・性格だから仕方ないね (⌒ω⌒;


oiru.png


そんな時に 【 魔法のオイル 】をいただきました (о^ω^о)




6月30日(日)


朝起きてスマホを見ると、あるお方からLINEが・・・あせあせ(飛び散る汗)


そこからダッシュで身支度を整え、行き道に家がある花家を拾い、


あるお方に会う為に こふみさんへ向かいました犬(足)


ごえひめ家.jpg


あるお方・・・ごえひめさんです。
 

ごえひめ家に 色んな話を聞かせてもらいました。


ごえひめ's.jpg


しおん君のデキモノが魔法のオイルで小さくなり、


今はどこにあるのか分からないくらいにまでになった話などなど。。。


そして、その大切な魔法のオイルを小瓶に入れて持ってきてくれたんですぴかぴか(新しい)


りんだ.jpg


それにワタシのイボを見てもらったら、悪いモノじゃ無さそうに見えるって〜るんるん


それで安心して、ふと気が付けば・・・


DSCF1301.jpg


ランチの写真を撮ってなかった〜 ( ̄ω ̄ゞ


花.jpg



けど、デザートと


ワッフル.jpg



後から来店したお久しぶり〜な、


ゆず君&なすチャンはシッカリ?! 撮りましたexclamation


ゆずなす.jpg


この日のこふみさんは2時までの営業だったので、


店を出て ごえひめ家とはバイバイし、


花家と一緒に鶴見緑地でお散歩したのでした。。。(((o・ω・)♪


DSCF1365.jpg



魔法のオイルの不思議な力を信じようね (。・ω・。)

DSCF1415.jpg


ごえひめさん、ありがとうございました (*'ω'*)/


大事に使わせていただきます♪




イボの件は、進展があればご報告させていただきます。
りんだ のコピー.jpg
 次の記事からコメ欄開けますのでヨロシクです♪


ニックネーム りんだママ at 00:03 | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする