2013年06月14日

膀胱炎・・・でした(´・ω・`;)




前々記事からの続きです ( ̄ω ̄;)



ワタシのママは仕事をしています。

DSCF9029.jpg



ママが仕事で不在の約10時間、


ケージの中でお留守番をしていたワタシは、
 

その間 オシッコをしませんでした。


オシッコがしたくても出来ないという状況でもありました。
                       
                                                                                                                                        
P1540569.JPG



オシッコを我慢したコトが原因なのか、


バイ菌が入ってしまったのか、


季節の変わり目による体調的なものだったのか・・・



膀胱炎になってしまいました (ノω・、) 

 DSCF8387.jpg


症状は、血尿 ・ 排尿数が増え、色が少し濃い 。



病院(4月5日)での尿検査の結果は、
 

 
PH7.5←アルカリ性 (通常は弱酸性の6.4前後)

タンパク+1 

白血球の数値が高い
(白血球が多いということは、細菌をやっつけようと戦っているのだそうです)

結晶は見つからず。


 

皮下点滴、皮下・筋肉注射各1本、内服薬1週間分が処方されました。

DSCF7184.jpg


犬生初の点滴をしました。



 1週間後の尿検査では、薬が効いているようでPH以外全て正常値。


同じ内服薬を更に1週間続けて服薬した後、


薬ナシで再発しなければ完治として良いとのことだったのですが、


薬ナシにしてから5日目に再び血尿。





この直後から水分を多く摂ってオシッコをたくさん出す為に、


ダイアンちゃん方式(笑)のふやかしフードを食べるようになりました。

DSCF9013.jpg



病院での尿検査では、正常値に戻っていた白血球の数値が高くなっており、


PHは引き続きアルカリ性。 血尿の再発・アルカリ尿が続くとストルバイトが疑われるので、


膀胱に異常が無いかをエコー検査すると、


結晶らしきモノが写っていた( 尿沈査では結晶は見つからずだったのですが・・・ )


皮下点滴、皮下・筋肉注射各1本、違う内服薬1週間分が処方されました。


DSCF8365.jpg


犬生2度目の点滴。(4月27日)



1週間後の病院では再びPH以外は正常値に戻り、2週間分の内服薬をもらいました。

DSCF9108.jpg



この頃のワタシのオシッコは水のように無色。


これは水のやり過ぎだそうです。


適度に色が付く程度が良いそうなので、


今はフード40gに水50ccを入れ、冷蔵庫で半日置いたものを

DSCF9015.jpg


そのままでは冷たいので、50ccのお湯を加えてナマ温かいくらいにして、


オシッコの様子を見ながら 適宜調整して食べてます。



★━━━━━ 膀胱炎の予防 ━━━━━★


・飼育環境を清潔にする


・水分をたくさん飲ませ、頻繁にトイレに行かせる


・バランスのとれた食事と適度な運動

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


上記の 『 頻繁にトイレに行かせる 』 というのが、
 

ワタシの生活スタイルでは無理だったので、

DSCF9219.jpg



前記事の限定フリースペースを設けたというワケです。




その後、更に追加で1週間で服薬し、


お薬ナシの状態で3週間が経とうとしていますが


今のところ再発はしてません。



PH7.5のアルカリ性が続いていたオシッコは、前回の検査ではPH7.0。


尿PH7.0以上が続くと結晶が形成されるらしいので、


しばらく定期的にオシッコ検査をしてもらうことになってます 病院

ウロ.jpg



慢性化 ・ 再発しやすいと言われる膀胱炎、


これから気を付けようねっ (o・ω・o)




りんだ のコピー.jpg
次の記事からコメント欄を開けま〜す (o・ω・)ノ


ニックネーム りんだママ at 00:00 | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする